友人のおめでたい結婚式や会社の飲み会などで二次会の幹事を任されたという経験はありませんか。幹事をしたことはないけれど、参加した事はあるという人も多いでしょう。そんな二次会を盛り上げるのが定番のビンゴゲームなどのゲーム大会です。カードとマシンさえ用意すれば、参加者全員が気軽に楽しめますし、景品をもらえるという喜びもあるので会場は大変盛り上がります。普通のビンゴとはちょっと変わったことがしたければ、マスに周りの参加者の名前を入れる名前ビンゴや9マスに自分の好きな数字を書き込んでもらって行う9マスビンゴなど、バリエーションを増やす事も可能です。そんな楽しいビンゴゲームを企画して、みんなに喜んでもらえる景品を準備しなければならない幹事さんは大変です。参加人数は何人なのか、景品の予算はどれぐらいになるのかを把握した上でどんな景品を用意すれば喜ばれるのかを考えてみましょう。

どんな景品を用意すれば喜ばれるのか

初めて二次会の幹事を任されたという方にはどこでどんな物を用意すればいいのか悩ましいですね。昔であれば景品の買い出しには色んな店を回って、たくさんの荷物を持ち歩かなければならなかったりと一苦労でした。現在ではインターネットの発達によって、家に居ながらにしてボタン一つで買い物ができ、家まで配送してくれて便利になっています。さらに便利な事に、景品専門のサイトも多数存在しています。景品20点セットなど自分で商品を選ぶ必要もなくセットになっているものまであります。せっかくだから自分で選びたいという人もいるかと思いますので、個別の商品で喜ばれる物をご紹介します。やはりテーマパークのチケットは人気です。その他クルージングチケットや人気家電などを目玉商品として入れると参加者も盛り上がります。

景品選び、渡し方にも一工夫しましょう

目玉商品を決めたら他にもメインとなるものを数点盛り込みます。カニやお肉などちょっと豪華な賞品もギフト券にして渡すと品質や渡すまでの保管方法を気にする事もありません。なるべく多くの人に景品が行き渡るように、参加賞程度でももらえると嬉しいものですので、できれば人数分用意するとよいです。一番にビンゴになった人に目玉商品が渡ってしまうと、その後の盛り上がりに欠ける可能性もありますので、番号をつけておいてクジを引いてもらうなどにすれば、最後まで楽しめますね。また景品のラッピングについても、安い商品を豪華なラッピングにして開けたら残念などという展開も盛り上がります。二次会の予算にも限りがあると思いますので、豪華な景品ばかり用意する事ばかりを考えるのではなく、その後のひと手間をする事で盛り上がることも可能です。